2016年5月23日月曜日

かっちょいいボルダーエリア

こーへーさんが見つけたボルダーにお誘いいただいたのでさっそく行ってみた。
岩に行くのはひさしぶり。
前に岩に行ったのは東京移住前だ。


こーへーさん、konさんは午前中にセンチュリーにトライするということで、
自分は遅めに到着して観光や散策、午後から合流した。

ちなみにこーへー氏は見事にセンチュリーをRP、わかりやすくご機嫌だった。




このかっちょいいボルダーエリアは花崗岩の大きな岩がゴロゴロしていた。
スパっと切れたような断面の岩が多い。


さっそくこーへーさんがかっちょいいボルダーにトライ。
傾斜がゆるくカンタンそうだが、苔や脆い岩肌に大苦戦。




自分もトライしてみた。
不安定なエッジに体重を預けるのはとてもスリリングだった。
トライする前の余裕は消え、ビビってクライムダウンを繰り返す始末。

それでもなんとか登ることができた。
こーへー氏も続いて完登。


こーへー氏の写真より

このラインの左側もトライしてみた。
こちらも見た目はカンタンそうだけど、登ってみるとやはりスリリング。

ボロボロの脆いスタンス、
バランシーなカンテ、
苔に覆われたホールディング。
一つ一つのムーブに緊張が走る。

カンテ左面

こーへーさんが見事初登し、つづいて自分もなんとか登れた。
立体的で楽しい課題なので、訪れた方にはオススメしたい。


あとは岩を探索したり、夕方の木漏れ日をじっくりと浴びたり。



ひさしぶりの山&岩、心から楽しかった。
正直、岩に到着するまでは気乗りせず気分が重かった。

けど、岩を目の前にすると気持ちも体も自然と目覚めて動きだすのがわかる。
行ってよかった。
やはり考えるだけではなく、いつも行動の中に身を置きたいと思う。


そして、自分のモチベーションは、いつも岩か仲間が与えてくれる。
今回もそれを実感した。

よい岩に導いて、ともに時間を過ごしてくれる仲間に感謝したい。

2016年4月10日日曜日

Tokyo Here I Come

東京に移住しました。
実際にはDays of wine and baggagesです。
いや、ビールか。

慣れない生活で登る時間がなかなか作れません。
少しづつ登っていこう。

2016年3月15日火曜日

城ヶ崎 日蓮三連星ふたたび

大好きな城ヶ崎の日蓮へ。
メンバーはもびさん、のりさん、こーへー氏、そして自分。

昨年にちくたく氏と訪れて以来、およそ一年ぶり。

到着した朝は寒かったが、少しづつ陽射しが出て
時々あたたかくのんびりとした陽気になった。
海無し県で育った自分は、この穏やかな陽気をとても好きだ。



自分はイブとインディアンドールを再RP。
やはり個性があって楽しいルートだ。

初めて訪れたこーへー氏もオフフィンガーを満喫してた様子。



帰りに「はなわ」でチキンカツ定食を食べた。
(メニューが多くて毎回迷うから念のために記録しておく)

さて、あらためて感じたのは、
オフフィンガーやオフハンドのビミョーなサイズへの経験不足。
保持や力でごまかしているが、理論でキチンとムーブを組み立てたい。
もっといろんなクラックを登り倒したい。

2016年3月7日月曜日

ズリズリ有志の会 水平ワイドの巻

本日のズリズリ有志の会は某岩場にて開催。
メンバーは山森氏、松氏、こーへー氏、ジュンさん、自分の全員参加。

前日まで雨予報だったが、山森氏の執念が晴れ予報に変えた。
すでに春の陽気。

まずは本日のターゲットに。


と思ったらビショビショに濡れていたので、次回に向けてガッツリ掃除。


次に向かったのは陽射しのあたたかいエリアのクラック2本。
まずは左ラインの山森さん初登「阿片窟の男」。



この課題のマントルだいたいこんな格好になります。

その後は右ラインの水平ワイドクラックへ。



このクラックは花崗岩なのにツルツルだから、
手足でしっかりジャムを決めないとずり落ちてしまう。

ムーブに悩んでいると、こーへー氏があっという間に初登。
しかもフリクションを上げるため上裸で。
いろんな意味でさすが過ぎる。


自分は手応えを感じず絶望的。
なので別のルーフフィンガークラックを登ったり、探索したり、昼寝したり。

その後、もう一度水平ワイドクラックでもがいてみたら、急にムーブがうまくハマって前進。
絶望的に感じた課題でも、ふとしたきっかけで歯車が回り始めるからクラックはおもしろい。

しかし、トライをつづけたものの全身がヨレヨレになり次回への持ち越しとなってしまた…



みんなもがんばって惜しいところまで進んだもののヨレて完登できずタイムアップ。

全身ハンパない疲労感を味わいながら、夢中に登った一日だった。
どの岩も個性的で楽しく、またすぐに登りにいきたい。
こんな時間と空間を一緒に楽しめる人がいるというのは本当にありがたい。

2016年3月5日土曜日

大丹波クラック、からの北秋川ボルダー

以前に大丹波ボルダーに訪れたときに気になったクラック。
その後、こーへー氏ががんばって掃除してくれたので一緒に登らせてもらった。

 ※今回のこーへー氏のブログはこちら



ジャンケンの結果、こーへー氏が先行。
ズリズリしながら見事オンサイト。


つづいて自分もトライ。



岩がけっこう脆く上部はかなり緊張したけど、なんとかフラッシュ。
登れた時はとにかくひと安心。
とても楽しく充実した一本でした。


その後、北秋川ボルダーへ。
こちらもこーへー氏が掃除した河原のボルダーにトライ。






中でもおもしろかったのがこちらの岩↓


小さい岩ながら、石灰岩と玄武岩が混ざって絶妙な模様になっている。

スタートホールドのシワ

スタートからマントルまで個性があって、ムーブを解析していくのも楽しい。
こちらは自分が先に完登。
こーへー氏は初めは苦戦したものの落ちれば落ちるほど気合いが高まって、
気迫あふれるトライで見事完登。


最後は「カバくん」にトライ。


内心「このくらいカンタンだろ…」という甘い気持ちは見事に打ち砕かれ全く登れず…
すっごくヨレた。
これはリベンジせねば。

こーへー氏は見事再登。
さすがです。


こうしてヨレヨレになり、タイムアップとなったので帰路へ。
こんな日の一瞬の感覚・記憶が積み重なって、自分のクライミングを織り成すのだなと感じた。
充実した良い一日だった。

2016年2月22日月曜日

河又「順子ルーフ」でズリズリ

河又のスポートルートの岩場にボルダーマットを背負った集団来る有り。

ズリズリ友の会にジュンさんも加わり
【有朋自遠方来】、通称「順子ルーフ」へ。

読み方が分からない場合はググッて。
この課題については初登者こーへー氏のブログを参照。
僕が前回に来たのはおよそ1年前で、2回目の訪問。

前日の大雨にもかかわらず洞窟内はドライ。
雨でも内部は登れます。

みんなであーでもないこーでもないとムーブを探る。










洞窟奥から奇跡的につながっているラインを登れる、本当にすばらしい課題だ。








こんな内容が濃くてスケールのある課題は、国内であまり聞いたことがない。
少しでも興味ある方はぜひ触ることをおすすめしたい。

最終部は5.9のフリーソロだけど、部分的に登ってもきっと楽しい。

この課題に限ったことではないけど
完登を目指すかどうかは、実際に見てトライした後に自然と結論が出ると思う。

今回は完登出来なかったが必ず登りたい。

みんなで陽が傾くまで洞窟内で良い時間を過ごした。
また楽しからずや。

2015年12月23日水曜日

むかしクラック ボルダー完登

急遽出発

先日の奥多摩でひさしぶりにむかしクラックを見て、あらためてかっこ良くて迫力を感じた。
松氏のナイスクライミングにも刺激を受けた。
以前から考えていた、むかしクラックをボルダーで登りたいという気持ちが一層高まってきた。

何気なく奥多摩の天気を調べると本日は良い天気。
明日から雨…
天気予報をみて急遽本日トライすることを決意。

子供を学校に送り出し、慌てて準備をして出発。
お昼に現地に到着した。



むかしクラック

小春日和で暖かいものの、むかしクラックは谷底の小川の脇にあり
昼間でも薄暗くて寒い。

スタート部はいつもどおり染み出しがひどい。



ボルダーでトライ

2回ほどムーブを確認して、さっそく本番に取り掛かる。

下地は小川なのでノーマット、
一人なので絶対にケガはできない。

トライするまで少し緊張したけど
岩の目の前に来ると、そんな気負いはなく自然とスタートできた。

上部で右手のジャムがうまく決まらず少しヒヤヒヤしたけど無事に登れた。



こんなかっこ良くて迫力ある岩に1本だけ通ったクラック。
すばらしい課題だ。
こんな岩が身近にあり、そして登ってもOK
本当に幸せで恵まれていると思う。

グレード、クラッククライミング、ボルダー化、ノーマット、完登、etc…
そういった登り方やスタイルも重要だけど
こんなかっこいい岩をトライできる事が何よりうれしい。